カスタム」カテゴリーアーカイブ

高音質化を目指してPart3!(続) 本店 江川

私の主な作業場はショールームから道を挟んだ離れの工場になるのですが、ある日 水道メーターの計測をしているおばちゃんが来て『明細書を事務所に挟んでるので』って言って去って行かれました。そもそも離れの工場には事務所らしいものはなく、おそらく物置部屋の事を勘違いしてるなって思ってたのでが、その紙は見当たらず風で飛んでしまったのか、、、そんな事を思いながらすぐ隣にあるトイレで用を足して出ようとすると、ドア蝶番の下に何やら紙が落ちてるではないですか。前からこのトイレ付近に水道明細がよく落ちていたのでどこかに挟んだやつが風で飛ばされてきたのかと思ってたのですが、、、

やっと分かりました。おばちゃん、トイレのドアの隙間に事務所入口だと思い込んでずっと挟んでたんですね(笑)ちょっと笑けました。

左のドアがトイレ。事務所に見えますかね?(笑)

 

さて、今回はサブウーファーボックス、システムラックの製作、パワーアンプ、サブバッテリー、の設置、ケーブル類の交換をドドーンと紹介していきます。

先ずはウーファーボックスの製作から。                          材料は予算の関係上ホームセンターなどでも購入できるMDFボードとなります。        予めウーファーボックスのサイズをウーファーのサイズから割り出しボードをカット、仮組み立て。

お次はボックスの土台となるボードです。車のラゲッジスペース床部分は必ずしも平たんでないので端材を積み重ね高さを調整し水平を出します。

置くとこんな感じです。

家の床下みたいです(笑)

サイドボード

小物入れも製作

こちらはサブバッテリー設置用の穴です。

こちらがサブバッテリーです。

さあ仮設置してみましょう!

なかなかスッキリしたでしょ!                              左側上からツイーター用アンプ、サブバッテリー、ミッドバス用アンプ。右側が上からサブウーファー用アンプ。前回仕様のパッシブネットワーク。こちらは前回製作のネットワークに交換します。

ウーファーボックス天板の化粧カバーに生地の貼付け

こちらはウーファーのスピーカー自体を保護するカバーです。  サブバッテリーの土台にはカーボン調フィルムの端材を使って高級感を出しました。が、、左下少し足りなかったです(笑)ボード自体はブラックのスエード調を貼りました。

天板を付けてほぼ完成。中央奥の隙間を埋めるパネル・・・忘れてました(笑) 最終的には前回アップしたパッシブネットワークをごっそり交換しこのような感じになりました。そうこのスピーカーにはKICKERのネットワークは使えないのです。 さて今回大掛かりな作業をしたわけですが、この機材をつなげる配線類も忘れてはなりません。 この配線の良し悪しでかなり音質が変わってきます。      この配線ははヘッドユニット(ナビ)から常時電源、アースをサブバッテリーに繋ぐ配線です。配線も端子も純度の高い銅うを使用してる部材になります。               ヘッドユニットの配線端子もアカガネに

こちらはRCAケーブルです。モガミ製(左)からAET製 EVO-0605B-SHRF(右)に交換しました。このRCAケーブルはbefore/afterでかなり音質アップが確認できました。 こちらは8Gの電源ケーブルです。国産 銅純度の高いショップオリジナルのプロトタイプを分けて頂きました。

電源ヒューズもアカガネ

この日記をアップするにあたりケーブル材の材質であるOFC(無酸素銅)について少し調べたりしたのですが、その中で私と同じ苗字の江川三郎さんが『ケーブルで音が変化する』という説を1975年に発表されたのですが、科学的な証明という観点から言うと未だ証明されていないそうです。でもケーブルで音が変化するのは間違いないと思います。                   僕は・・・                                       一部分だけ変えても変わらないかもしれないですけど、トータルで考えた場合、言葉ではうまく言えませんが、体感が全然違うんですから。

ではでは次回もよろしくお願いします!

アルトターボRS修理の巻  HA36S     三田店 藤丸          三田市 神戸市北区

こんにちわヽ(´▽`)/

最近、山口町某所にお引越しを予定しているあの藤丸です。

本日は先日中井氏のブログに上げてもらったアルトターボRSの修理の途中経過です。

ね?間違いなくワタクシ藤丸が担当しております!!!

で、この状態から1時間足らずで

エンジンを降ろし、ミッションをパッカーンですヽ(*´∀`)ノ

で、このギヤを全て分解し例の部品を交換します。

配置をきっちり覚えておかなければなりません〆(._.)メモメモ

AGS車なんで上の写真を見てプロならMT車との違いがお分かりかと思いますが、、

 

そうなんです、パーキングロックがついています。(写真では外しているのでシャフトしか写ってませんが)ATみたいですね

こっち側はどう見てもMT車ですねヽ(´▽`)/

さあ例の部品も交換し(内緒)これから組み付けです!!!

あっっ  もうこんな時間!!!

定時だから帰らなきゃ、、続きはまた!

オチがないので

最近吹きガラス作りにもハマっている藤丸のカッコイイ勇姿をご覧いただきながらお別れです

さーよーおーなーらぁ~~~~♫

お問い合わせは下記まで!!!

株式会社みどりモータース 藤丸卓也
スズキ三田販売みどり
669-1544
兵庫県三田市武庫が丘7丁目7-3
079-559-8000
営業時間9:00~18:30
定休日 毎週水曜

 

 

 

 

トヨタ新型30ヴェルファイア後期の新車が入荷しました!      三田店    中井      マイナーチェンジ3眼LEDアルパインBIGX取付

どんちくわ

今日もホンダのステップワゴンハイブリッドのご注文をいただきありがとうございます。

いつもお世話になってるM様、今回は新型セレナのeパワーと悩まれてましたね。いや~スズキ以外の購入のご相談をいただける事だけで嬉しいです。もちろん、いろいろ悩んだ結果がスズキ車だったらウルトラハッピーです!(えっと、スズキのランディって車ご存知ですか・・・?)

そういや先月は、新車のシビック、シャトルをご納車させてもらいました。最近、個人的にホンダ車もよくご成約いただいてます。

てな訳で、今回は

 

トヨタの新型ヴェルファイア!!

ファイヤー!

今度はトヨタ車のご納車です。(ただいま猛烈に納車準備中です)

年末にビッグマイナーしたばかりの新型を、発売間もなくご注文いただきました。(M様いつもありがとうございます!)

ビッグマイナーチェンジのポイントとしては、トヨタセーフティの安全装備が付いたのと、車の顔面が大きく変わりました。

特に、この3眼LED+シーケンシャルターンランプ(メーカーオプション)を装着したヘッドライト!!

イカツイっすよね!(って言うか車自体がデカイ!!)

そして、悩みに悩みまくったオーディオ関係です。

こちらはアルパインのBIGXで11インチのカーナビです。ヴェルファイアのスピーカーや室内環境を専用にチューニングしたデータも入っておりますので、音響機能を最大限まで演出する事が出来ます!

最終的には、全てアルパインで統一で取付させてもらいます。

まだリヤモニターやETCなどが揃ってないのですが、取付は時間が掛かりそうです。

 

●ビッグX11インチ、EX11Z-VE

●リヤモニター12.8インチ、PXH12X-R-AV

●リヤモニター取付キット(グレー)、KTX-Y1005-VG

●HDMIケーブル、KCU-610RV

●リヤカメラ(ブラック)、HCE-C2000RD-AV

●ステアリングリモコンキット、KTX-Y402R

●ETC車載器、HCE-B053

●ETC取付キット、KTX-Y20B

30ヴェルファイアオーナーの諸君、これらを揃えればアルパインで統一できますぞ!

ここに載せておきますが、接続や部品、作業に関してのお問い合わせは一切受け付けておりません!!

高音質化を目指してPart3!(続)今日もボリューム多め  本店 江川

こんちわー!
昨日、おとといと地元消防団、”水ば考える会”で佐賀まで行って来ました。
佐賀ってどぎゃんトコ?何が有名?ほんなこてなんでんかんでん知識のなかまま地元観光会社の方にお願いしプチミステリーツアー
ちかーとばっかい紹介しますばいね!

 

ここは佐賀吉野ヶ里遺跡ばい。
古代文明がここでも栄えとったごたっんでしょたい~

イカの天日干しでしょたい~
天気のひやか日はこの機会に吊るしてクルクル回して干すようばい。

佐賀で知ってる知識は?・・・はなわ?  佐賀牛?こぎゃんともんそいぎなかでしょうか?
そいばってん海に面した佐賀の名物はやはり海産物。その中でもイカは特に有名らしくさばいたばかりのイカば踊り食いですなたぁー(笑)

イカの蒸しシュウマイばい。

刺身ば食べ終わるとゲソの天ぷらに調理してくれるんばい。
サクサク感がもう最高ばい。

観光もいろんな所あるんでしょうけど、僕的には食べ歩きの旅にぴったりじゃろかと思おんしゃった。皆やんんもいっぺんどうぞ!

いや~、たった2日の旅しゃったのにすっかり佐賀弁になってしまって。すいせん。言葉が分からんばいときはグーグルで翻訳してくんしゃいね!

さてさて本題のオーディオ行きしゅうか?
今回はクロスオーバーネットワークの製作ばい。
ネットワークは音の繋ぎばスムーズにする役目があり、なんでも間でも付ければよいって訳じゃなかんばい。
簡単に言うとツイーターの高音、中低音のミッドバスにはそれぞれ音の(周波数)幅があるので、同時にならすと高温の中でも一番下の方と中低音の中でも上の方の周波数がどうしても重なるあいどんが出来てしまうのばい。そこでこのネットワークが活躍するのばい。簡単に言うと重なり合う音の部分ばそれぞれ上手く繋がるようにして上から下までスムーズに音が繋がるようにするもんなんばい。そうすることで雑味のなかスッと一本通った音に!
このスピーカーセットにも既存のネットワークがあるとばいばいが、購入時師匠にどうせカスタムするならと既存のネットワークば付けず、単体で製作することになったちうワケや。

材料はミッドバススピーカー用のバッフルの端材ば使い、高、低、左右の4つば製作。

ルーターの刃ば上向けとるので削るのはほんなこて怖いばい。

右はテンプレートばい。

コンデンサーの材料ごたっと細かいことは抜きにしますばいね!赤くなったのはマホガニー調の着色剤ば染み込ませておっと。
これで高級感ば出しますばい。出たじゃろか?

土台の配線溝

上の化粧カバー

完成がこればい。どうやろか?よかんびゃでしょ!
配線は下に通してすっけんが見た目すっきりばい。

きゅうはこのあたりで終わりにしようじゃろか?どうじゃったか?おらの佐賀弁は?佐賀出身と思われても仕方なかばい。

インターネットで標準語ば佐賀弁に変換するサイトがあるんやろから。            インタネット恐るべしばい(笑)(笑)(笑)

きゅうのみどり日記が良かったら良かねしてね!

ZC33新型スイフトスポーツのお悩みを解決します     三田店    中井     プチカスタム最新情報、納車

今回のZC33スイフトスポーツで、こんな事が出来るらしいです。

助手席シートヒーターのスイッチと言わんばかりのこのフタ。何の意味もないのですが、ここに携帯充電用のUSBがうまい事インストール出来るらしいです。(T様情報)

この位置にUSBが来れば実用的ですね。

今度やってみます。

 

あとは、このUSBのポジションにシガー電源を増設できるとの事。

本来ですとこの位置にはUSBが付きます。

でも、純正部品のシガーソケットが取付可能です。

やってみます!

新型クロスビーカスタムXBEEインパネ塗装のご紹介     三田店    中井     ポルシェ純正アゲートグレーメタリック内装インテリアパネル

江川さんサンキュー!

いや~仕事が早い。

クロスビーのインパネを、お客様ご希望のカラーに塗装をしました。つい先日入荷したのですが、月曜に塗装を依頼して昨日に仕上がったとの事でさっそくご紹介です。もしかしたらお客様より先にアップしてしまってるかもですが、そこはご了承ください。

こちらが取り外したクロスビーのインパネ一色です。

ハスラーとは違って、ボディーカラーが何であろうと標準のインパネアイボリーです。

そして、こちらが塗装から帰ってきたインパネ。

このカラーはH様ご希望の、ポルシェ純正アゲートグレーメタリックです。微かにブラウンっぽいグレーで、メタリックの強い深みのあるグレーの印象です。

今回は、ラッピングとも悩まれたのですが、耐久性や仕上がりのクオリティなどの問題を考慮するとやっぱり塗装です。塗装でも流行りのマットもありますが、磨く事が出来ないためゴミ咬みが目立ちます。クリアコートでツヤを出す事でゴミ咬みも目立たなく仕上がります。

インテリアの雰囲気も、カジュアルから落ち着いた雰囲気になりましたね。ボディーカラーのミネラルグレーともマッチしててナイスチョイスです。

こうしてまた、こだわりの一台が完成しました!

今回の価格は、クロスビーインパネ塗装第一号と言う事で、特別に設定させていただきました。

こだわりのカラーにイメチェン、カスタムについてのご相談何でも承ります!

相談料、着手金いつでも無料!

お問い合わせは中井、または江川までお気軽にどうぞ♪

 

スズキアリーナ三田
兵庫県三田市武庫が丘7丁目7-3
079-559-8000

スズキアリーナ北神
兵庫県神戸市北区八多町上小名田212-1
078-952-1600

株式会社みどりモータース !

クロスビーおすすめアクサリーご紹介        三田店   中井    納期最新情報クロスビー新型XBEE納車待ち

あかん!

あかんで、ごっつかわいいのん見っけてもた!

はい、ドーーーーン!!

と言う事で、新型クロスビーのヒップに注目です。

 

ただでさえ後ろから見るクロスビーはかわいいのですが、ワンポイントアクセントを付ける事で、思った以上の個性が出ております!

そうです、バックのエンブレムにハチのデコステッカーを貼り付けさせていただきました。

個人的にかなりアリなので勝手にご紹介させていただきました。あ、アリってそっちの意味じゃないですよ?

こんなにたくさん種類があったんですね~。クロスビーに限らずいろんな場所に貼ってもカワイイかもですね。

このクォリティーで3,726円とは安いです。ぺらんぺらんのシールじゃなくて、エンブレムのようにしっかり出来てます。

全種類絶賛発売中!!

おススメはやっぱり、BEEだけにハチですね♪

高音質化を目指してPart3!(続)   本店 江川

こんにちは!

ここ数日は少し寒さが和らいだ気もしますが、先週はこんな事初めて的な事件がありました。なんととびっきりの寒さが続き、エアーコンプレッサーを作動しても途中のレギュレーターの中で溜まった水分が凍り付き、エアが出ないというトラブルに見舞われてしまったのです。       おかげで午前中は仕事になりません。東北や北海道の鈑金屋さんはどう対処してるんですかね? 凍ったら仕方ね~べって感じでしょうか?(笑)

さて前回の続き作業になります。

あの1枚削り出しのツィーターバッフルがどのようになっていくか・・・Let’s Go !!!!!

 

まずは前回削り出しで作ったツイーターバッフルをAピラートリムに固定。方向としてはルームミラー辺りを中心に目掛け均等に角度も調節し接着します。ボンドはセメダインスーパーX2

上の画像のようにバッフルを少し埋め込みするため半月穴をカットするのですが、意外と左右対称になるようカットするは難しいのです。 配線通し穴も忘れず開けます。

固まったらその周りを細い木で1本、1本ボンド止め。(WARIBASHI) こうやっておおよその形を造ります。

パテ成型です。何度かサイディングしこの形に。

そして今回もスェード貼り。前回はクリーム色で少し色が浮いた感があったので、今回はグレーをチョイス。凹凸の突っ張るところは吹き付けたボンドと 密着するまでクリップ止めをしておきます。 ツィーターをセットして・・・ こんな感じ出来上がりました。 なかなかの左右対称ぶりでしょ!                             この左右対称に同じものを作るのが本当に大変なんです。角度も形も・・・

 

〜番外編〜取付の位置決めで最初に開けてしまった穴の場所は没となり、仕上がりを考えると穴埋めしたところに歪が出そうなのでトリムセットを買いなおしとなってしまいました。(泣) 長く使いたい物なので仕方ないっか(笑)

ではでは、次回また小出しで紹介しますね!

今回の新型スイフトスポーツ売れてます      三田店    中井       ZC33Sカスタムパーツ最新情報      

ナッシングトゥーマッチ、オーマイゴットファーザー降臨、ヨイショー!

どうもスイフトスポーツ専門店です。

さて、先日土曜日にまたまた新型スイフトスポーツのご契約をいただきました、ありがとうございます。

有り難い事に、まだこの人気は冷めません。

全国的にもどんどんオーダーが入っているようですよ。

東京モーターショー以降、カスタムパーツなどもたくさん発表された影響もありますかね?

んな訳で、スイフトスポーツがまだまだ絶好調な理由の一つ、それは豊富なカスタムパーツ!!

今回ご契約いただいたお客様も、もうネット検索たくさんされてまして、このスイスポ通の私よりもカスタム情報を知っておられました。チッ

僕の方が知ってるもん!!(きんもー)

 

”新型スイフトスポーツ” ”パーツ”と検索したら、もうチューニングメーカーがズラ~と出てきますよ。

有名どころで言うと、モンスタースポーツ、HKS、ブリッツ、トラスト、クスコなどはもうたくさんのパーツを発売中です。

インテークやマフラーはもちろん、タワーバーや追加メーターにCPUなんかも既に発売してます。

発売から間もなく、この早さでここまで各社パーツを出して来てるなんて、滅多にない事だと思いますよ?

HKSさんに至っては、GTタービンまで開発中です。元々、1tを切る軽さに140馬力あるスイスポに、これ以上パワーを上げたらもうまさにモンスターですね!

カスタムの基本でもある車高調なんかは、もう6社以上発売してます。

がしかし、一番期待しているモンスタースポーツがなんとまだ開発中!(乗ってない私が発売を待ってますよ~)

標準でエアロタイプのスイフトスポーツですが、つい先日トラストさんからアンダースポイラーとリヤスポイラーが発売されました。

ん~、こうやって見た目から個性を出すのもありですね♪

まだまだ目が離せないスイフトスポーツの最新情報、どんどんお届けしますよ~!

高音質化を目指してPart3!(続)   本店 江川

 

さて、前回の続きで ようやくパート3に入りますよ!

パート3の内容は・・・

・スピーカーをキッカーからキュリノAA-16NNに変更

・スピーカー交換に伴いツイーターピラーもワンオフで作り直し

・サブウーファーボックスの製作

・ワンオフパッシブネットワークシステム

・スピーカーケーブルをカナレからAET製F150に交換

・RCAケーブルをモガミからAET製EVO0605に変更

・サブバッテリーの増設(キッカー)

・バッテリーから外部パワーアンプの電源ケーブルをオーディオテクニカ8Gからオスカープロトタイプ(9N)8Gに交換

・各ケーブルの端子、ヒューズを銅音に(アカガネ)

・ヒューズの一部を銅音と同じ素材を使ったクライオヒューズに変更

・ヘッドユニット(ナビ)の電源をサブバッテリー直へ

・外部パワーアンプMTX TE404をサブウーファー用に回し、キュリノPA-7X2個増設バイアアンプ化

・アンプ、サブウーファー、サブバッテリーを収めるのシステムラック製作

以上・・・たくさんあるので忘れてないかな?とにかく盛り沢山。

順番は前後しますが、順番に紹介していきます。

 

まずは、スピーカーの土台となるバッフルの製作。

こちらは以前にも作ったのですが、今回は材質にカバ桜合板を使用します。

ミッドバススピーカーには厚さ12mmと15mmをミックスしてドアトリムまで嵩上げ。

製作はワンオフなのでまずは仕上がりサイズのテンプレートを作成しそれを基準にトリミング。

テンプレートと重ね、固定したバッフル材をトリマーでトリミングカット こちらのおむすび型はコンパスを使います。

同じカバ桜合板で三段リング+土台の合計4段重ね。

タイトボンドを塗ってバイスプライヤーで一晩圧着

続いてツイーターバッフルのテンプレート作成

Testing

いざ本番

これ12mm厚1枚物ですよ底面の厚みがぎりぎりの厚みなので作業中はドキが胸胸しました。今日はここまでです。このバッフルがどのようになっていくのかまたご紹介したいと思います。