鈑金作業」カテゴリーアーカイブ

アルト クォータパネル、リアドア鈑金塗装            本店 江川

こんにちは!今日は鈑金塗装をアップします。

今回の患者さんはHA25Sアルトさん。リアドアからクォーターにかけての修理となります。

画像で見て取れるようにエッジの部分がきつく歪んでタイヤアーチのプレスラインまで引っ張られている状況です。

さて作業の方ですが、先ずは車内内張りを外し内側からたたき出しをし形を修正していくことにしてみました。                                      理由はアーチ部のプレスラインを出来る限り潰したくないからです。パネルの歪は凹んでいる個所から波及して周辺に広がりますが、逆に言えばそのヘコミ部分を戻すことで形はある程度戻り余計な作業をしなくても済むのです。通常であればスタッドという電気を通して引っ張る機械を用いて凹みを引っ張り出しますが、今回は内側から工具を入れてたたき出すスペースがあったのでまずはたたき出しからやっていきます。

こんな感じでほぼ面を復元  

次にサンディングペーパーで歪み具合をチェック。

今回は自分でも出来過ぎるくらい上手くラインが出てこのままパテ成型に移れそうです。 大きめに塗膜を剥ぎます。 パテ成型。下処理が良ければよいほどパテ盛りが少なく、サンディングの回数も減ります。今回はパテ3回で完了です。パテの次はサフェーサー

おっと!?ドアの鈑金撮るの忘れてました。

さてお次は耐水ペーパーによる水研ぎです。その前にこいつを紹介しておきます。       3M社製のドライガイドコートです。

 このように少し本体を振るだけでスポンジに黒い粉が・・・

この黒い粉凄く細かくて細かな凹凸でも付着してくれるので、面出しや粗いペーパー目も水研ぎで目視作業が出来るので凄く重宝します。黒い部分がなくなるまで耐水ペーパーにて研いでいきます。

ようやく塗装準備です。かかってはダメなところはしっかり養生。

塗装直後の状態。剥きたての卵のように艶っ艶(笑)

アーチラインもビシッと決まりましたね!

以上、アルト クォータパネル、リアドア鈑金塗装の巻でした。

高音質化を目指してPart3!(続)今日もボリューム多め  本店 江川

こんちわー!
昨日、おとといと地元消防団、”水ば考える会”で佐賀まで行って来ました。
佐賀ってどぎゃんトコ?何が有名?ほんなこてなんでんかんでん知識のなかまま地元観光会社の方にお願いしプチミステリーツアー
ちかーとばっかい紹介しますばいね!

 

ここは佐賀吉野ヶ里遺跡ばい。
古代文明がここでも栄えとったごたっんでしょたい~

イカの天日干しでしょたい~
天気のひやか日はこの機会に吊るしてクルクル回して干すようばい。

佐賀で知ってる知識は?・・・はなわ?  佐賀牛?こぎゃんともんそいぎなかでしょうか?
そいばってん海に面した佐賀の名物はやはり海産物。その中でもイカは特に有名らしくさばいたばかりのイカば踊り食いですなたぁー(笑)

イカの蒸しシュウマイばい。

刺身ば食べ終わるとゲソの天ぷらに調理してくれるんばい。
サクサク感がもう最高ばい。

観光もいろんな所あるんでしょうけど、僕的には食べ歩きの旅にぴったりじゃろかと思おんしゃった。皆やんんもいっぺんどうぞ!

いや~、たった2日の旅しゃったのにすっかり佐賀弁になってしまって。すいせん。言葉が分からんばいときはグーグルで翻訳してくんしゃいね!

さてさて本題のオーディオ行きしゅうか?
今回はクロスオーバーネットワークの製作ばい。
ネットワークは音の繋ぎばスムーズにする役目があり、なんでも間でも付ければよいって訳じゃなかんばい。
簡単に言うとツイーターの高音、中低音のミッドバスにはそれぞれ音の(周波数)幅があるので、同時にならすと高温の中でも一番下の方と中低音の中でも上の方の周波数がどうしても重なるあいどんが出来てしまうのばい。そこでこのネットワークが活躍するのばい。簡単に言うと重なり合う音の部分ばそれぞれ上手く繋がるようにして上から下までスムーズに音が繋がるようにするもんなんばい。そうすることで雑味のなかスッと一本通った音に!
このスピーカーセットにも既存のネットワークがあるとばいばいが、購入時師匠にどうせカスタムするならと既存のネットワークば付けず、単体で製作することになったちうワケや。

材料はミッドバススピーカー用のバッフルの端材ば使い、高、低、左右の4つば製作。

ルーターの刃ば上向けとるので削るのはほんなこて怖いばい。

右はテンプレートばい。

コンデンサーの材料ごたっと細かいことは抜きにしますばいね!赤くなったのはマホガニー調の着色剤ば染み込ませておっと。
これで高級感ば出しますばい。出たじゃろか?

土台の配線溝

上の化粧カバー

完成がこればい。どうやろか?よかんびゃでしょ!
配線は下に通してすっけんが見た目すっきりばい。

きゅうはこのあたりで終わりにしようじゃろか?どうじゃったか?おらの佐賀弁は?佐賀出身と思われても仕方なかばい。

インターネットで標準語ば佐賀弁に変換するサイトがあるんやろから。            インタネット恐るべしばい(笑)(笑)(笑)

きゅうのみどり日記が良かったら良かねしてね!

新型クロスビーカスタムXBEEインパネ塗装のご紹介     三田店    中井     ポルシェ純正アゲートグレーメタリック内装インテリアパネル

江川さんサンキュー!

いや~仕事が早い。

クロスビーのインパネを、お客様ご希望のカラーに塗装をしました。つい先日入荷したのですが、月曜に塗装を依頼して昨日に仕上がったとの事でさっそくご紹介です。もしかしたらお客様より先にアップしてしまってるかもですが、そこはご了承ください。

こちらが取り外したクロスビーのインパネ一色です。

ハスラーとは違って、ボディーカラーが何であろうと標準のインパネアイボリーです。

そして、こちらが塗装から帰ってきたインパネ。

このカラーはH様ご希望の、ポルシェ純正アゲートグレーメタリックです。微かにブラウンっぽいグレーで、メタリックの強い深みのあるグレーの印象です。

今回は、ラッピングとも悩まれたのですが、耐久性や仕上がりのクオリティなどの問題を考慮するとやっぱり塗装です。塗装でも流行りのマットもありますが、磨く事が出来ないためゴミ咬みが目立ちます。クリアコートでツヤを出す事でゴミ咬みも目立たなく仕上がります。

インテリアの雰囲気も、カジュアルから落ち着いた雰囲気になりましたね。ボディーカラーのミネラルグレーともマッチしててナイスチョイスです。

こうしてまた、こだわりの一台が完成しました!

今回の価格は、クロスビーインパネ塗装第一号と言う事で、特別に設定させていただきました。

こだわりのカラーにイメチェン、カスタムについてのご相談何でも承ります!

相談料、着手金いつでも無料!

お問い合わせは中井、または江川までお気軽にどうぞ♪

 

スズキアリーナ三田
兵庫県三田市武庫が丘7丁目7-3
079-559-8000

スズキアリーナ北神
兵庫県神戸市北区八多町上小名田212-1
078-952-1600

株式会社みどりモータース !

高音質化を目指してPart3!(続)   本店 江川

こんにちは!

ここ数日は少し寒さが和らいだ気もしますが、先週はこんな事初めて的な事件がありました。なんととびっきりの寒さが続き、エアーコンプレッサーを作動しても途中のレギュレーターの中で溜まった水分が凍り付き、エアが出ないというトラブルに見舞われてしまったのです。       おかげで午前中は仕事になりません。東北や北海道の鈑金屋さんはどう対処してるんですかね? 凍ったら仕方ね~べって感じでしょうか?(笑)

さて前回の続き作業になります。

あの1枚削り出しのツィーターバッフルがどのようになっていくか・・・Let’s Go !!!!!

 

まずは前回削り出しで作ったツイーターバッフルをAピラートリムに固定。方向としてはルームミラー辺りを中心に目掛け均等に角度も調節し接着します。ボンドはセメダインスーパーX2

上の画像のようにバッフルを少し埋め込みするため半月穴をカットするのですが、意外と左右対称になるようカットするは難しいのです。 配線通し穴も忘れず開けます。

固まったらその周りを細い木で1本、1本ボンド止め。(WARIBASHI) こうやっておおよその形を造ります。

パテ成型です。何度かサイディングしこの形に。

そして今回もスェード貼り。前回はクリーム色で少し色が浮いた感があったので、今回はグレーをチョイス。凹凸の突っ張るところは吹き付けたボンドと 密着するまでクリップ止めをしておきます。 ツィーターをセットして・・・ こんな感じ出来上がりました。 なかなかの左右対称ぶりでしょ!                             この左右対称に同じものを作るのが本当に大変なんです。角度も形も・・・

 

〜番外編〜取付の位置決めで最初に開けてしまった穴の場所は没となり、仕上がりを考えると穴埋めしたところに歪が出そうなのでトリムセットを買いなおしとなってしまいました。(泣) 長く使いたい物なので仕方ないっか(笑)

ではでは、次回また小出しで紹介しますね!

強烈 ボディブロー     本店 江川   

昨日のボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチ・村田諒太―アッサン・エンダム戦、凄かったですねー

前回の不可解な判定負けから今回は倒して完全決着をつける意思が犇々と感じました。結果は相手選手が戦意喪失するTKO勝ちです。

 

 

 

 

はい、、で強烈ボディブローですが、これの事ですよ!!                  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

村田選手のボディブローみたいでしょ(笑)

 

これ大雨の日に駐車してたらこうなっていたらしいです。幸い当てた方が良識な方で当てた事を言ってこられたそうです。どやったらこんな芸術的な2発のボディブローを入れれるのか・・・よくよく聞くと相手の車がバックで斜めから当たったとの事です。ドアとドアの間にはセンターピラーという柱があるためゴリゴリと2枚に渡っていったのでしょう。

サイドスポイラーと隙間ができるほどサイドシルに歪みがあります。

新品パネルを仮付けすると穴がこれだけズレてます。タワーを使って粗引き作業。粗引き作業でほぼ押し込み具合を修正したらパネルカット~溶接~パテ~サフェーサです。  過去に一度修理した跡が・・・ 綺麗なお手てですいません。。

サッシュテープはラッピングと同じなんでお手の物です! 

ハイ完成!バッチグーです。バッチグーは死語ですか?( ´∀` )